top of page

美髪を手に入れるための秘訣「髪質改善と縮毛矯正の選び方」


髪質改善の事例


もくじ





Ⅰ. はじめに


私たちは毎日の生活の中で、鏡ごしの自分の髪を見て感じる事があると思います。その髪が乾燥しているか、パサついているか、または健康的な輝きを失っていないかどうか、その状態は何故そうなったのか。美容室での施術は見た目を変えることが出来ますが、髪の毛は傷んでしまいます。美容室に行った次の日、同じような仕上がりにならないと経験をされたことは少なからずとも一度や二度の経験は誰しもあるはず。そのため髪質を改善する方法は、日々の扱いやすさや見た目を変え、心地よさや自己満足に大いに寄与します。



 


II. 髪質改善とは何か


美容室での髪質改善とは、髪の健康や見た目を向上させるための施術になります。これは、髪の傷みやパサつき、うねり、乾燥など、様々な髪の悩みを改善し、より美しい髪を目指す取り組みです。



1. 髪質改善の一般的な種類や定義


一般的な髪質改善の意味とは、ダメージを修復し、乾燥やパサつき、枝毛などの髪の悩みを改善し、艶やツヤを与え、しっとりした健康的な髪を目指すことを意味します。髪質改善には、トリートメント、オイルケア、天然成分、ケラチン処理、ヘッドスパ、適切なシャンプーやコンディショナーの選定など、さまざまな方法や製品が使用されることがあります。個々の髪質に合わせた適切なケアを行うことで、健康的で美しい髪を保つことができます。



美容室で行う髪質改善の主な種類は以下のようになります。


a. 髪質改善トリートメント

b. 髪質改善縮毛矯正

c. 酸熱トリートメント

d. 髪質改善カラー

e. 天然成分やミネラルを使った髪質改善




a. 髪質改善トリートメント

トリートメントを用いてサロンや美容専門店で行う髪質改善です。

ケラチンタンパク質、アミノ酸、オイル、天然ハーブなどを使い、髪のダメージを補修、乾燥やパサつきを改善、保湿から頭皮の健康を保つ為に、個々の髪質や悩みに応じて施術するのが一般的です。


b. 髪質改善縮毛矯正

髪質改善縮毛矯正はくせ毛を伸ばしストレートに整えつつ、髪の健康を向上させるための特殊な縮毛矯正の方法です。通常の縮毛矯正とは異なり、髪のダメージを最小限に抑えながら、まっすぐな髪を保つことを重視しています。

髪質改善縮毛矯正は、髪がまとまりやすくなるだけでなく、パサつきやダメージが軽減されるため、自然なストレートヘアを目指す方に人気な髪質改善です。ただし薬品のダメージから施術後は適切なヘアケアが必要なことを忘れずに、定期的なトリートメントのメンテナンスを行うことが大切です。

c. 酸熱トリートメント

酸熱トリートメントはくせ毛を伸ばし毛先を落ち着かせることを目的としたタイプと、艶と潤いを与え落ち着きやまとまりを重視するタイプの2種類にがあります。

くせ毛を伸ばすタイプのものは、縮毛矯正ほど完全にくせを伸ばすものではなく髪に栄養を与えながら、ヒートマシーンやアイロンを使い一時的にまとまりを良くするものです。髪の毛のくせがあまり強くなく表面のパサつきが気になる方にオススメです。

艶と潤いを与えるタイプは、ケラチントリートメント、アミノ酸トリートメント、コラーゲントリートメント、シルクトリートメントなど美容メーカーやブランドによって成分は異なります。ヒートマシーンやアイロンを使用し熱を加えることにより内部補修や艶潤いを与え表面修正や保護を目的としたものです。


d. 髪質改善カラー

髪質改善カラーとは一般的なカラーとは違い髪のダメージを減らす、オーガニックカラー、ハーブカラー、香草カラー、トリートメントカラーや、カラーの傷みを軽減しながら髪質を強くする天然成分を使ったミネラルカラーのことを言います。カラーからの傷みを減らす為、明るいファッション的なものではなく、落ち着いた色味の仕上がりになります。色落ちがしやすい方や白髪染めなどを頻繁に繰り返している方には特にオススメです。


e. 天然成分やミネラルを使った髪質改善

自然由来の成分を利用し、肌と髪を本来の健康的な状態に導く施術です。これらの成分は、肌や髪に必要な栄養を与え、保湿効果をもたらしたり、頭皮の健康を促進したりすることで、髪を健康にし、つややかな髪を手に入れることができます。特にミネラル成分シリカ(ケイ素)を使った髪質改善は、髪の健康や美しさを向上させる効果が高いと美容界でも注目されている成分です。シリカは植物や人間にとっても重要なミネラルで、失われていたものを取り戻す効果が期待できます。




シリカを含んだ製品は一般的に次のような効果をもたらします


1. 髪の強度向上

シリカは髪の強さや耐久性を高め傷みににくい髪質に変わります。髪の内部のタンパク質と結びついて、髪をより丈夫にし、切れ毛を減らす助けになります。


2. ボリュームアップ(ハリコシ)

シリカは髪を強くし、髪にボリュームを与えることができます。細くてペタンとした髪の方に特に効果的です。


3. 保湿効果

シリカは水分を保持する特性があり、髪をしっとりと保ちます。これにより、乾燥やパサつきを軽減し、健康的な輝きを与えることができます。ただし、カラーなどで髪が傷んでいる方は油分が少ない状態から乾燥しやすくもなるので、髪の状態に合わせて使うのが必要です。


4. 頭皮の健康促進

シリカが頭皮に潤いを与えることで、頭皮の健康をサポートします。健康な頭皮は髪の成長にとって重要です。使い続けることで髪質は根元から変わってきて、本来の健康的な髪質へと導きます。


天然成分ミネラルを使った髪質改善は根元から髪質が変わります。毛先まで生まれ変わるには時間がかかりますが、本来の健康的な髪質に変化していきます。ただし傷んだ髪は脂質(油分)不足で潤いがない為、ミネラルをつけ過ぎると扱いにくくもなりますので、美容専門の知識を持ったサロンのスタイリストさんから適切な施術をしてもらいましょう!

これらの髪質改善の方法は、個々の髪の悩みに応じて選択されるものです。また毎日のヘアケアルーティンにも注意を払い、髪の健康をサポートすることが大切です。



2. 髪質改善で目指す目標となぜそれが重要なのか


髪質改善の最終目標は、髪の健康と美しさを回復し、維持することです。髪は私たちの見た目と自信に大きく寄与し、健康的で手入れが容易な髪は私たちの日々の生活を向上させます。また健康的な髪と頭皮は、長期的な髪の問題を予防し、髪の老化を遅らせる効果もあります。

しかし美容室でする髪質改善には種類から髪質を改善していくものと今の髪の悩みを改善する2つの目的に分かれる為、自分のなりたい方向性からプロの的確なアドバイスが必要になります。


3. 髪質改善のために必要な基本的なケアや手順


1. 適切なシャンプーやトリートメント、コンディショナーの選択

自分の髪質に合った製品を選びましょう。ドライな髪には保湿効果のあるもの、普段からスタイリング材を使う場合は洗浄力のあるものなど、個々のニーズに合わせた製品を使用します。


2. 頻度の調整

過度な洗浄は髪の自然な油分を取り除き、乾燥からパサつき毛先の広がりの原因になります。髪は基本、一日一度夜に洗い朝は寝癖がひどい場合シャワーで流すだけがオススメです。


3. 保湿

トリートメント、コンディショナー、リンスとありますが、使うものによって髪のおさまりが変わります。重い仕上がりからサラサラな仕上がりになるものがありますが、添加物が多いものはしっかり洗い流さないと肌荒れの原因にもなるので気をつけてましょう。

髪の落ち着きや肌に優しいものを選ぶなら、自然な成分を含むトリートメントが効果的です。


4. ヘアオイルの使用

ヘアオイルを毛先に塗布して乾燥を防ぎ、髪を滑らかに保ちます。

オイルにはシリコーンが入ってる商品と天然オイルだけが入ってるもので仕上がりが変わってきます。

シリコーンが入っている商品は髪の傷みの絡まりを無くして、指通りを良くします。

サラサラな仕上がりになりますが、軽い仕上がりになりまとまりにくくなる為、ブローやアイロンでのスタイリングが必要になります。シリコーンは肌荒れも起こしやすい為、肌荒れしやすい方は気をつけてましょう。

天然のヘアオイルは、おさまりやすいですがつけ過ぎるとベタつきにもなりやすいのでつける量に気をつけましょう。またココナッツオイルやアボガドオイルなどつけ過ぎるとしっとりし過ぎるオイルもあるので天然オイルはつけ過ぎに注意しましょう。


5. 熱からの保護

ヘアドライヤーやストレートアイロン、カーリングアイロンを使用する際は、なるべく低温に設定をして、シリコーン剤が入っているトリートメントやアウトバストリートメントではなく、ノンシリコーンの天然オイルが入っているものを使うと毎日のお手入れでも髪をダメージから守ります。

シリコーン剤が入っているものは髪質が柔らかくなり指通りは良くなりますが、熱に弱く傷みやすい状態にもなるので、熱に強くつけると髪がしっかりする天然オイルはアイロンを頻繁に使う方には必須アイテムになります。


6. ブラッシングとトリミング

優しいブラシを使って髪を整え、定期的なトリミングで切れ毛を防ぎましょう。

ブラシには種類が沢山ありますが、適切なものを使うと髪や頭皮にとても優しく、使い心地も良くストレスがなくなります。

濡れた髪をとかすにはプラスチック製のパドルブラシを使いましょう。濡れた髪に木製のパドルブラシを使うとブラシが傷みやすくなってしまいますので、プラスチック製のパドルブラシを使い、絡まる髪をしっかりとかします。

乾いた髪には細かいロールブラシやパドルブラシでとかすと指通りが良く仕上がります。

トリミングの目的は枝毛や油分の少ないパサつた髪をカットすることです。

切れ毛は枝毛の原因になってしまいますので、傷んでいる髪は綺麗にカットをしましょう。


7.健康的な食事から運動と水分補給

栄養バランスの取れた食事は、健康な髪を育むためにも重要です。食品添加物が多くミネラルが少ない食事は髪が傷みやすく、艶も少なくなりがちです。正しい食生活で体の中から髪質改善していく事も大切です。またスポーツ選手は髪爪肌が綺麗なように運動で汗を流してからの水分補給は見た目を美しくします。


これらの基本的なケアや手順を継続することで、自宅でも髪質の改善が期待できます。ただし、個人の髪質や状態によって必要なケアは異なるため、自分に合ったケア方法を見つけることも大切です。



■ 適切なヘアケア製品の選択

それぞれの髪質に合わせたシャンプー、トリートメント、コンディショナー、ヘアマスク、オイルなどを選択する事が必要になります。

髪の悩みや状態から、その人が目指すものによって使うものは変わります。

髪の傷みから、指通りが悪く艶が欲しい場合、シリコーン剤が入っている製品を使うと、指通りが良く髪の絡まりがなくなり、乾かすとサラサラに仕上がります。しかし肌が弱い方は肌荒れの原因にもなりやすいので気をつけましょう。また髪の色が落ちやすく熱に弱い性質からアイロンを頻繁に使用する方は枝毛や切れ毛に繋がりやすくなるので注意が必要です。

髪質を健康的に根本から変えていきたい方には、天然成分やミネラルが入ったものがオススメです。

365日毎日、地肌から髪質を健康に導いていくので、傷みにくい髪質を自宅で作る事ができます。

しかしミネラル成分は髪が丈夫にしっかりしてきますが、髪が長い方く傷みが強い方ほど、脂質(油分)がないため絡みやすくもなってしまいます。天然オイルと組み合わせて使うのが効果的です。

今の髪の状態でつける量や使うものは変わってきますので、プロのアドバイスから適切な商品を使いましょう!



■ 正しいヘアケアルーチンの継続


頭皮のマッサージ、髪の適切なブラッシング、適切な洗髪と乾燥の方法など、習慣にする事は髪のを綺麗に健康に保つ為に必要になります。


頭皮マッサージにはいくつかの効果があります。まず血液循環が改善されるため、髪の成長を促進することができます。またリラックス効果から、ストレスや疲れを軽減することができます。頭皮マッサージは頭部の筋肉を緩めます。さらに頭皮の皮脂の分泌を正常化し、頭皮の健康をサポートする効果もあります。


髪を整えるブラシにも色んな役割があります。

濡れた髪のからまりをとかすにはプラスチック製のパドルブラシを使う。

髪のダメージから髪の脂質(油分)がなくなり、濡れてる髪は絡まりやすくなっています。

パドルブラシでとかすと、大きな面から広い範囲でとかすことができ、髪の絡まりを解消できストレスなく髪をとかす事ができます。


基本的に髪を洗うのは1日に一度で夜がオススメ。

スタイリング剤などを使う人は特にですが、汚れた髪をその日に落とし清潔を保つことは、リラックス効果、朝のお手入れもしやすくなります。また頭皮から出ている油分が髪と頭皮を保湿し、健康的に艶のある髪へサポートしています。髪が傷んでいない人は毛先まで油分が行き届き毛先のおさまりがいいのはその為です。

2度洗いや朝のシャンプーは油分がなくなりやすく、傷みやすい傾向にある為気をつけましょう。

また頭皮から出ている油分は乾くことがありませんが、スタイリングで使う洗い流さないトリートメントやオイルは時間が経つと乾いてしまいます。つけ過ぎに気をつけて、乾いたらつなおすと艶々な落ち着きのある髪になります。


■ 専門的なヘアトリートメント


必要に応じて、美容院でのプロフェッショナルな髪質改善トリートメントを定期的にする事は、輝きのある髪が実現できます。


専門的なヘアトリートメントには、以下のような種類があります


1. ケラチントリートメント

髪の内部のケラチンを補充し、補修・保湿するトリートメントです。髪を滑らかにしていきます。


2. オイルトリートメント

天然オイルを使用して、保湿し、ダメージを軽減します。植物系のオイルが使われます。


3. アミノ酸トリートメント

髪の内部のタンパク質を補充し、カラーやパーマなどによるダメージをから指通りを良くしていきます。

4. オーガニックトリートメント

天然由来の成分を使用し、髪と肌にやさしく、頭皮からのケアを行います。


5. ヘッドスパ

頭皮の状態を改善し、リラックス効果から根元から髪質を変えていきます。


紹介したのは一部のトリートメントですが、美容専門サロンや美容師さんに相談して、自分の髪の悩みに合った適切なトリートメントを選ぶことが大切です。


■ 健康的なライフスタイル

食事、運動、睡眠などの生活習慣も髪の健康に大きく影響します。体内から髪を健康に保つためには、栄養バランスの良い食事と運動から十分な睡眠が不可欠です。

1. 食事

栄養バランスの良い食事は、髪の成長と健康に欠かせない要素です。髪の成分にはタンパク質、脂質、ミネラルがあり健康的な髪質にしていくには特に以下の栄養素が重要です。

  • タンパク質 髪の主成分であるケラチンの構成要素であり、タンパク質を摂取することで健康的で強い髪へと促進されます。

  • オメガ-3脂肪酸 魚やナッツなどに含まれるオメガ-3脂肪酸は、髪を保護し、乾燥を防止する効果があります。

  • ミネラル ミネラル不足は髪の薄毛や抜け毛の原因だけではなく、ボリュームがなくなり髪は傷みやすくなります。シリカを食事と一緒に取ることで、栄養を吸収しやすく強い髪質へと変化していきます。

  • ビタミン ビタミンは髪に良い影響を与え、成長を促進し、頭皮の健康をサポート。抗酸化作用でダメージから守り、強度と質感を向上。

2. 運動

適度な運動は血液循環を促進し、体内の栄養素を効率的に配送するのに役立ちます。

また脂肪は燃焼させると言いますが、20分以上の運動から脂肪に溜まった老廃物は汗となって流れ出します。健康な血液循環、汗を流し老廃物を体の外に出すことで、髪の成長と健康を促進します。


3. 睡眠

十分な睡眠は体内の代謝を正常に保ち、髪の成長をサポートします。睡眠不足は体に負担がかかり、髪にも悪影響を及ぼすことがありますので、充分な睡眠を心掛けましょう。


これらの生活習慣をバランスよく取り入れることで、体内から髪を健康に保つことができます。ただし個人の体質や状態によって異なる場合があるため、健康面での懸念がある場合は医師や専門家に相談することをおすすめします。



 



III. 縮毛矯正とは何か


1. 縮毛矯正の一般的な定義

縮毛矯正は、主に髪のくせが強くうねりやすい髪をストレートにするための美容処理です。専門的な化学物質を使用して髪の構造を変え、髪の形状を直線的に調整します。このプロセスは専門家によって行われ、通常は美容院で実施されます。ただし髪の毛に負担をかける為、自宅でのアフターケアが必要です。

2. 縮毛矯正が目指す目標となぜそれが重要なのか

縮毛矯正の目的は、強い髪の毛のくせを抑えて滑らかで手触りの良いストレートヘアを実現することです。またストレートヘアは管理が容易でスタイリングも簡単なため、縮毛矯正はそのようなニーズに応える重要な手段となります。


以下のような理由から重要とされています

1. 希望のスタイル

縮毛矯正により、自然なストレートヘアを手に入れることができます。多くの人はくせ毛で広がる髪が気になる為、ストレートな髪型を好み、自分に似合うスタイルを実現するために縮毛矯正を選択します。

2. ヘアスタイリングの簡素化

くせ毛やウェーブの髪は扱いづらく、スタイリングに時間がかかることがあります。ストレートにすることで、ヘアケアやスタイリングの手間が軽減されます。


3. スタイリングのバリエーション

縮毛矯正により、髪の質感が均一になり、カールアイロンやブローをする事で、新しいヘアスタイルを試すことができます。

4. 髪のまとまりと管理

くせ毛やウェーブの髪はまとまりにくく、多くの人はうねりや広がりが気になります。縮毛矯正によって、髪のまとまりが向上し、朝のお手入れが楽になります。


5. 自信と外見への影響

自分の髪型に満足することは、自信を高める助けになります。外見の印象は自己イメージにも影響を与えるため、理想のヘアスタイルを手に入れることは日々のモチベーションが上がります。

ただし縮毛矯正は髪にダメージを与える可能性があるため、適切なアフターケアやヘアプロテクト剤の使用、温度の設定などが重要になります。ヘアサロンでのプロフェッショナルな施術から、美容師の経験豊富な技術が必要です。プロのアドバイスから適切なアプローチもとても大切になます。


3. 縮毛矯正の種類と特徴について

薬品の違いでメーカーブランドの違いはありますが、一般的にはアイロンを使用するものとブラシでくせを伸ばすタイプと2つに分けることができます。

アイロンとブラシを使う大きな違いの特徴は熱の温度の差です。髪は高温でタンパク質変性が起こります。一般的に70度以上とされています。


1. 縮毛矯正のアイロンによる特徴

ヘアアイロンでの縮毛矯正は一般的に180度~230度とは高温に温度を上げることで髪質がしっかりして真っ直ぐストーンとしたストレートな仕上がりに。


【特徴】

  • 効果が持続的で、くせ毛を伸ばすことができる。

  • 自宅でのスタイリングは簡単になるが、熱ダメージが気になる点に注意が必要。

2. 縮毛矯正のブローによる特徴

ブラシを使いブローで伸ばす場合、ドライヤーが髪にあたる温度は低い為、タンパク質変性が起こりにくいことから自然な仕上がりに。その為、真っ直ぐ過ぎないず、仕上がりが柔らかくなります。髪が伸びて来た時に根元の伸びたところがあまり気にならないのも人気の一つです。ですが高度な技術が求められる為、美容室でやっているところはアイロンの縮毛矯正よりも少ないのか現状です。


【特徴】

  • 髪への負担が少なく、比較的優しい方法である。

  • 自然な仕上がりになる為、頻繁なスタイリングがしやすい。


どちらの方法を選ぶかは、髪の状態や自分の好み、スタイリングの持続性などを考慮して決めると良いでしょう。また、縮毛矯正の施術は専門知識が必要なため、美容師に相談することをおすすめします。

また一度かけた縮毛矯正はクセが戻る事はないので、髪が伸びてまた根元からクセが出て来た場合、根元だけ縮毛矯正をかけるといいでしょう!



4. 縮毛矯正のプロセスとその結果


縮毛矯正のプロセスは、専門の美容師により慎重に行われます。 ただし、縮毛矯正は髪にストレスを与える可能性があるため、適切なアフターケアが必要です。また、縮毛矯正は通常、数ヶ月ごとにタッチアップが必要です。髪が成長すると新しく生えた部分は縮毛矯正が施されていないため、その部分をストレートに保つために再度処理を行う必要があります。


【プロセス】


1. カウンセリング

美容師とのカウンセリングで、縮毛矯正の希望スタイルや髪の状態を確認します。髪の健康状態や適切な薬剤の選定などが行われます。


2. 洗髪

髪をしっかりと洗浄し、髪についている不純物を取り除き、また髪質に必要な成分を補ってから施術に入ります。


3. 薬剤の塗布

縮毛矯正剤を髪に塗布して、髪のタンパク質結合を変化させます。くせ毛やウェーブを伸ばすために薬剤は使われます。

4. プロセスの確認

美容師が薬剤の作用を定期的に確認しながら、髪の状態をチェックします。この工程がしっかり髪のくせが伸びるか、髪質のダメージを減らせるかの美容師の選択になる工程です。


5. 洗い流し

薬剤の作用が完了したら、髪を十分に洗い薬剤を洗い流します。


6. ブロー・アイロン

髪をドライヤーやヘアアイロンを使って整え、望むスタイルに仕上げます。


7.薬剤で固定

ストレートになった髪を薬剤で固定します。


8.仕上げ

薬剤を洗い流して、髪を乾かします。適切なケア剤を使い髪の保護をしていきます。


【結果】


縮毛矯正の結果は、個人の髪質や施術の種類によって異なりますが、一般的な特徴は以下の通りです。

  • 髪がまっすぐで滑らかになる くせ毛やウェーブが伸ばされ、自然なストレートヘアに仕上がります。

  • スタイリングが簡単に 縮毛矯正をかけることで、髪の扱いがしやすくなり、朝のスタイリングが簡単になり時間が短縮されます。

  • 持続性 縮毛矯正の効果は髪のくせの強い弱いで変わりますが、一般的に数ヶ月から半年程度持続します。個人の髪質やアフターケアによっても変わってきます。

  • ダメージのリスク 縮毛矯正は髪にダメージを与える可能性があるため、適切なアフターケアはとても重要になります。過度な施術や頻繁な繰り返しは髪を傷めることになるので注意が必要です。


縮毛矯正は髪の毛をまっすぐで滑らかに整える有効な方法ですが、施術前に美容師と相談し、適切なアフターケアを行うことが大切です。



 



IV. 髪質改善と縮毛矯正の主な違い


1. 髪質改善と縮毛矯正の目標の違い


髪質改善の目標は、髪の健康と美しさを回復し、維持することです。一方、縮毛矯正の目的は特定の髪の形状、つまりストレートヘアを得ることです。


髪質改善と縮毛矯正の主な違いは次のとおりです


1. 目的


髪質改善

髪質を改善し、健康的で艶やかな髪を目指すことが主な目的です。ダメージを修復し、髪の弾力やしなやかさを取り戻すことが重要です。髪質改善の種類で髪質が変わるのでプロの美容師と相談して自分にあったものを選択する事が大切です。

縮毛矯正

髪のくせ毛やウェーブを矯正してストレートにすることが目的です。

2. 使用する薬剤


髪質改善

髪のタンパク質や保湿成分、天然成分などを補給し、髪を補強するの為のものを使用します。

縮毛矯正

縮毛矯正剤を使用して髪のタンパク質の結合を変化させ、髪をストレートにします。

3. 影響と持続性


髪質改善

髪質改善は一時的な処置ではなく、継続的なケアが必要です。髪のダメージや状態によっては、目に見える効果を感じるまでに時間がかかることがありますが、長期的な効果を持続させることが可能です。

縮毛矯正

縮毛矯正は比較的即効性があり、施術後はストレートな髪を楽しむことができます。ただし新しい髪が生えてくると、くせ毛が根元から出て来ますので、継続が必要になります。


これらの違いを理解したうえで、自分の髪の状態や希望するスタイルに合わせて適切な施術を選ぶことが大切です。


2. 髪質改善と縮毛矯正に使用される製品や技術の違い


髪質改善は、髪と頭皮に栄養を与える成分を含む製品(シャンプー、コンディショナー、ヘアマスクなど)の日常的な使用と、専門的なヘアトリートメントや天然成分を組み合わせることで仕上がりが変わります。一方、縮毛矯正は化学薬品と熱(ストレートアイロンやブラシを使ったブロー)を使用して髪の構造を変えるプロセスです。


髪質改善と縮毛矯正に使用される製品や技術の違いを紹介します。

1. 髪質改善


製品

髪質改善では、髪のダメージを修復し、健康的な髪を取り戻すために、保湿成分や栄養を豊富に含むトリートメント剤やオイルや天然成分ミネラルを使用します。


技術

髪質改善の技術には、トリートメントやオイルを髪に浸透させるアイロン、マッサージや蒸しタオルを使った温める手法などが含まれます。これにより、製品の成分が髪の内部に浸透し、効果的なケアが可能になります。

天然成分を使うものは地肌からつけることで、根元から髪質を変える効果があります。


2. 縮毛矯正


製品

縮毛矯正では、髪のタンパク質の結合を変化させるために、アルカリ性、酸性、チオグリコール酸系などの薬剤が使用されます。これらの薬剤によって、くせ毛やウェーブを取り除き、髪をストレートにします。これらの主な薬剤は美容師がお客様の髪質から選ぶもので、専門の美容室で使う薬品になります。


技術

縮毛矯正の技術には、髪に薬剤を塗布して放置する時間や温度の調整から、その後の中和や洗浄の手順が含まれます。さらに、専用のストレートアイロンやドライヤーでのブローをすることで、ストレートな直毛の効果を得ることができます。

重要な点として、縮毛矯正は髪のタンパク質を変化させるため、ダメージを受けやすい施術であることに注意してください。そのため、施術後のアフターケアや定期的なトリートメントが重要です。髪質改善は、髪の健康を回復させることに焦点を当てるため、縮毛矯正よりも髪に負担をかけずに効果を得ることができる場合があります。


3. それぞれのメソッドが適している髪質や状況


髪質改善は全ての髪質に適しており、特に乾燥やダメージがある髪、または頭皮の問題がある場合に有効です。また、髪質改善は髪を健康的に保つための持続的な努力を求めるため、一貫したケアルーチンを確立することが重要です。

一方、縮毛矯正は一時的な処理であり、新しい髪が成長するとその部分にも再度処理を行う必要があります。さらに、髪にストレスを与える可能性があるため、既に損傷がある髪には注意が必要です。

髪質改善と縮毛矯正のメソッドの適切な髪質や状況を考慮するポイント


髪質改善が適している髪質や状況


1. ダメージがある髪

過度のブリーチ、カラーリング、パーマなどによりダメージを受けた髪には、髪質改善が適しています。補修効果のあるトリートメントや栄養豊富な天然成分ミネラル製品を使用し、髪の健康を回復させることができます

2. 乾燥やパサつきが気になる髪

頻繁な熱スタイリングや外部の環境要因によって乾燥してパサついた髪には、髪質改善が適しています。保湿効果のあるトリートメントやオイル、天然成分を使って、髪に潤いを与えることができます。

3. 健康的な髪を保ちたい場合

健康的な髪を維持したい場合や、予防的なケアを行いたい場合にも、髪質改善が適しています。定期的なトリートメントや天然成分のケアを取り入れることで、髪の状態を良好に保つことができます。


縮毛矯正が適している髪質や状況


1. 強いくせ毛やウェーブが気になる髪

くせ毛やウェーブが強く、まとまりにくい場合には、縮毛矯正が適しています。髪をストレートにすることで、扱いやすい直毛の髪になります。

2. ストレートなスタイルを希望する場合

自然な直毛のスタイルを希望する方には、縮毛矯正が適しています。縮毛矯正を行うことで、矯正されたストレートな髪を長期間維持する事ができます。


重要なポイントとして、髪質改善や縮毛矯正を行う前に、プロのスタイリストと十分な相談を行うことが大切です。目的や最終仕上がりの違いから施術は変わって来ます。

自分の髪の状態や希望するスタイルに合わせて適切なメソッドを選ぶことで、より満足のいく結果が得られるでしょう。



 



V. 髪質改善と縮毛矯正の選び方


1. 自分の髪質とニーズに合わせてどちらを選ぶか

自分の髪の状態と、何を達成したいのかを理解することが需要になります。

もし髪が乾燥していたり、ブリーチやパーマなどでダメージを受けていたりする場合、または髪の健康と輝きを改善したいと考えているなら、髪質改善のアプローチがお勧めです。

一方、くせ毛やウェーブを落ち着かせてストレートにしたいと思っているなら、縮毛矯正が適しています。


2. 美容師とのコンサルテーションの重要性

カウンセリングからあなたの髪の状態を把握し、なりたいイメージを理解した上で、プロフェッショナルな施術ができるスタイリストに自分の髪を担当してもらうことは、あなたの艶髪を健康的に長く維持できる為に必要になります。

必要なホームケアを提案し、髪を綺麗な状態にする為に適切なアドバイスができる美容師はあなたの悩みを改善する力があります。

また縮毛矯正を考えている場合、あなたの髪が薬剤や熱などを使ったプロセスに耐えられるかどうか判断することも美容師の経験によって違いがあります。髪質改善専門美容師や、縮毛矯正が得意な美容師を選ぶことも大切です。


自分の髪の状態と目指すゴールを美容師と共有し、一緒に最善の計画を立てることがとても大切です、それがあなたの髪を最高の状態に保ち、素敵な外観にしていく最善の方法になります。



 



VI. まとめ


本記事では、髪質改善と縮毛矯正について詳しく解説しました。髪質改善は髪の健康と美しさを回復し維持することを目指す一方で、縮毛矯正は特定の髪の形状を変えストレートヘアを目指すものです。これら二つの方法は使用する製品や技術、適用するべき髪質などでも異なります。


あなたの髪質とニーズについて髪質改善か縮毛矯正を選ぶことでより健康的で美しい髪を手

に入れることができます。さらに美容師とのコンサルテーションを通じて自分の髪の状態を理解して、最適なケア剤を見つけ、ケアルーチンを維持することで髪のストレスなくし日々快適に過ごす事ができると思います。



 

髪質改善アドバイザーのイラスト

次回もお楽しみに!





 

リリース情報

サイトがリニューアルいたしました。

Lirukaについては天然製品(プロダクトページ)をご覧ください。





天然製品の紹介ページ


 

PR


使い続ける事で効果を実感できる それがミネラル(シリカ)です。



シリカでケアをする様子

髪質を肌から強くしたい場合、地肌から適量つけて頂くと髪質が根元から変わってきます。


■地肌につけたい場合 → 

濡れている時に

■髪質を綺麗に見せたい場合 → 

乾いている髪に


濡れている時と乾いている時、2度つけるとよりハリコシが出ます。

リルカを使っても髪質が変わってきますが、髪がまとまらない原因を少なく出来たらより綺麗な髪質に変わってきます。





【リルカを使いながら気をつけたいこと】

1. 美容室でなるべく髪を傷めない

2. カットで髪をすきすぎない

3. トリートメント、コンディショナー、リンス、洗い流さないトリートメントなどに入っているシリコーン剤を避ける。

4. シリコーン剤ではなく、体に使えると表記されているオイルを使う

より髪を綺麗にしていきたい方はご希望があれば私のLINEまたはインスタグラムのDMから無料サポートさせて頂きます。

インスタグラム ユーザー名 yoshinao 1

LINE アカウント  o4470      

髪質が綺麗になる意味をしっかりお伝えします。



 


髪質改善サロンDueオーナー大西 良尚

髪質は誰でも今より必ず綺麗になります。

『髪質で悩んでいる方の為に』


私が髪質改善専門サロンをするようになったのは自分の手荒れがキッカケです。 日々手荒れに苦しみながら美容師を続け、ずっと疑問に感じながら自分は何故手が荒れているのだろうと思っていました。 その答えがわかり私の手荒れが良くなると、担当するお客様の髪質も自然と良くなってきたのです。

見た目を作る美容師を続けて来ましたが、肌に悪いものは髪の負担にもなると明確に感じるようになったのはこの時からです。 手荒れの解消からお客様の髪質も日々良くなる事が本当に嬉しく思っていましたが、髪質で悩んでいる人は沢山いると気づいた時から髪質を良くする専門の美容師になりたいと思うようになりました。 今では沢山のお客様から嬉しい声を頂き本当に続けて来て良かったと思っています。

大西 良尚

閲覧数:67回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page