top of page

髪質改善とカラーリングの両立


ハチミツとブラシ

今回は、髪質改善とカラーリングの両立についてのお話です。

美しい髪とカラーリングを両立させるためのポイントをご紹介します。



もくじ

  • カラーリングの選択

  • カラー頻度の調整

  • カラーリング後の洗髪

  • ヘアケア商品の選択

  • 温度管理


⌘ ポイント1 カラーリングの選択


自然な色に近いカラーを選ぶことが髪へのダメージを軽減します。髪を明るくする場合、より多くの過酸化水素が必要になり、髪のダメージが増えます。髪を明るくすることは必ず髪のダメージに繋がってしまいます。髪質を綺麗にする選択をするのか、色を変え明るくして見た目を変えるのは、髪質に大きな違いがあります。

髪質本来の健康的で艶のある髪質にするには、明るさを抑えダメージを減らすことが必要になります。



⌘ ポイント2 カラー頻度の調整


カラーリングは髪の見た目を変えることで髪のダメージと繋がってしまいます。なるべくカラーをする周期を長くすることでダメージを少なくすることができます。また、毛先までのカラーは髪の負担となりますので根元だけの施術をする事も髪の負担を減らすことができます。



⌘ ポイント3 カラーリング後の洗髪


シリコーン剤が入っているトリートメントなどを使わない事でカラーが持続しやすくなります。シリコーン剤は髪を柔らかく指通りを良くすることはできますが、デメリットとしてダメージを受けやすく髪の色が落ちやすくなってしまいます。なるべく添加物が入ってるシャンプーやトリートメントを避け、オイル、ハチミツ、シリカなど天然成分が入っているものを使いましょう。



⌘ ポイント4 ヘアケア商品の選択


カラーリングした髪には、天然成分の高いシャンプーやトリートメント、コンディショナーを使用することが重要です。髪の成分にはタンパク質、水、脂質、メラニン、ミネラルがあります。添加物を避け、髪に元々ある天然成分を使う事が髪本来の健康的で柔らかく艶髪になります。



⌘ ポイント5 温度管理


髪質が傷んでいる場合、なるべく高温を避けて髪を洗うと良いでしょう。また、ヘアドライヤーやヘアアイロンなどの使用は、カラーリングした髪にとってダメージになるため、できるだけ控えた方がいいですね。



これらのケアを心がけることで、髪の健康とカラーリングを両立することが可能になります。それでも髪のダメージが心配な場合は、自然な成分を含む染料や髪に優しいカラーリング方法を選択することも重要です。カラーリングの効果を長持ちさせるためには、髪への負担を軽減する適切なケアが必要となります。



 

  

髪質アドバイザーの女性

次回もお楽しみに!




 

リリース情報

サイトがリニューアルいたしました。

Lirukaについてはプロダクトページをご覧ください。




Dueの商品ページ


 

PR


使い続ける事で効果を実感できる それがミネラル(シリカ)です。



シリカでケアをする様子

髪質を肌から強くしたい場合、地肌から適量つけて頂くと髪質が根元から変わってきます。


■地肌につけたい場合 → 

濡れている時に

■髪質を綺麗に見せたい場合 → 

乾いている髪に


濡れている時と乾いている時、2度つけるとよりハリコシが出ます。

リルカを使っても髪質が変わってきますが、髪がまとまらない原因を少なく出来たらより綺麗な髪質に変わってきます。





【リルカを使いながら気をつけたいこと】

1. 美容室でなるべく髪を傷めない

2. カットで髪をすきすぎない

3. トリートメント、コンディショナー、リンス、洗い流さないトリートメントなどに入っているシリコーン剤を避ける。

4. シリコーン剤ではなく、体に使えると表記されているオイルを使う

より髪を綺麗にしていきたい方はご希望があれば私のLINEまたはインスタグラムのDMから無料サポートさせて頂きます。

インスタグラム ユーザー名 yoshinao 1

LINE アカウント  o4470      

髪質が綺麗になる意味をしっかりお伝えします。



閲覧数:80回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page